真っ黒VR

日々の出来事やVRの話題がメインの2ch・twitterまとめブログです。

Nvidia

【IT】NVIDIAがAIで仮想世界のすべてを自動生成する技術を公開

1: (´‐`) 2018/12/04(火) 18:36:50.64 ID:CAP_USER
 NVIDIAは3日(米国時間)、カナダ・モントリオールで開催中の「NeurIPS 2018 (Neural Information Processing Systems Conference)」にて、AIを使い、完全に人工的かつインタラクティブな3D環境を、リアルタイムでレンダリングする研究について発表を行なった。

 現在、仮想世界のあらゆるオブジェクトは、人の手によって個々にモデルを生成する必要があるが、この研究では、現実のビデオをもとにニューラルネットワークにオブジェクトを学習させることで、建物や樹木、車両などのオブジェクトを自動でレンダリングすることに成功した。

 同社では、この技術によってゲーミングや自動車、建築、ロボティクス、VRのための仮想世界を即座に構築できる可能性が生まれ、現実世界の場所をもとにしたインタラクティブなシーンを生成したり、お気に入りのポップスターのダンスを自分がそっくりそのまま踊っているようなシーンを見せることもできるとしている。

 NVIDIAのディープラーニング応用研究担当バイスプレジデントのBryan Catanzaro氏は、「NVIDIAにとって、インタラクティブなグラフィックスの生成にニューラルネットワークを使った手法は、初めて実現したものである」と述べ、生成モデルはグラフィックスの創出に変化をもたらし、開発者は従来の何分の1というコストで新しいシーンを作れるようになると語った。

 研究成果の1つとしてNeurIPSで公開されたのがドライブゲームで、同ゲームでは都会のシーンを走行することができる。ゲーム内のあらゆるコンテンツは、従来のグラフィックスエンジンで生成された3Dワールドのスケッチを動画に変換するニューラルネットワークによって、インタラクティブにレンダリングされている。

 この生成ニューラルネットワークは、照明や素材、ダイナミクスといった世界の外観をモデル化することを学習しており、シーンがすべて人工的に生成されるため、オブジェクトの削除や修正、または追加といった編集も簡単に行なえるという。

 論文では「視覚世界のダイナミクスをモデル化および再創造する能力は、知的エージェントの構築に不可欠であり、純粋に科学的な関心を別にしても、継続的な視覚経験を人工的に作成するための学習は、コンピュータービジョンやロボティクス、コンピューターグラフィックスといった分野で多様な用途を持つ」としている。

■動画
Research at NVIDIA: The First Interactive AI Rendered Virtual World https://youtu.be/ayPqjPekn7g



PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1156514.html


続きを読む

【IT】NVIDIA「Tegraの主軸は任天堂スイッチ。任天堂は本当に素晴らしい」

1: (´‐`) 2017/08/12(土) 19:58:57.90 ID:LycMbLzS0
nintendo-new-logo-

http://gamingbolt.com/nvidia-praises-nintendo-for-the-switch-they-are-risk-takers

任天堂スイッチにおいて任天堂は
NvidiaのTegraチップを取り入れている。

またNvidiaも
アップル向けのもの以外にもチップセットを所有しており
任天堂にそれを提供したのは最適な選択と言うべきだろう。
つまり両社にとって、この決断は最も幸せな結果をもたらしているのだ。

そしてNvidiaの最高経営責任者であるジェン・スン・フアン氏も
同社の四半期決算報告において、この決定が如何に感動的な結果をもたらしたのかを
とうとうと語っている。

「任天堂スイッチはTegraビジネスにおいて最も重要な構成要素の1つです。
 信じられないほど大きな成果を上げているのですから」

彼は投資家に対しそう話すと

「私は任天堂に協力できたことに本当に幸せを感じています。 
 なぜなら彼らは、あえてリスクのある決断を行いながら 
 同時に真の革新性とは何かを追求し、 
 他の人がやってるから、などという安易な道は選ばず、独自の道を切り開いたからです」 

「私は彼らが発明したスイッチを心から愛しています。 
 これは彼らがそれを市場に出した手法も含めて、ですね。 
 私は彼らのために働けて本当に幸せですよ」 

と話していた。 

勿論、任天堂は常にリスクを冒しながらゲーム機を発明してきた。 
彼らはハードにせよソフトにせよ、あえて危険を冒すことによって大きな成果を上げてきたし 
だからこそ任天堂は業界における草分け的存在なのだ。 

何年もの間、彼らの試行錯誤は時に成功をおさめ、時に失敗もしてきたが 
スイッチにおいては、その影響力を取り戻すのかもしれない。


続きを読む

4年で1億台以上も消滅! 凋落するPC市場に未来はあるのか?←そりゃPCVRも売れませんわ

l_ohkawara01_mf

1: (´‐`) 2016/10/16(日) 09:56:22.67 ID:gr9ppB740
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1607/28/news035.html
PC市場の縮小が止まらない。米ガートナーなどの調べによると、この4年でPC出荷台数は1億台以上も減少、市場規模は約3分の2になってしまった。
このままこの市場は縮小の一途を辿るのだろうか……?

IT調査会社の米ガートナーが発表した2016年のPC出荷台数予測(世界)は2億3200万台。2015年に比べると約5000万台の減少。
そして、2012年の3億4300万台に比べると32%減と、約3分の2の規模にまで落ち込むことになる。わずか4年で1億台以上も目減りした計算だ。
販売金額では、2012年の2190億ドルに比べて、45%減となる1220億ドルと、半分近くまで縮小。低価格向けの製品へと売れ筋がシフトしていることを示す結果となり、
PCメーカーにとっては収益確保が厳しい状況であることがうかがい知れる。

PC市場の縮小傾向は、日本でも同じだ。業界団体である一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)の調べによると、
2015年度のPCの国内出荷実績は、前年比22.6%減の711万台という大幅な縮小だ。そして、2012年度の市場規模と比較してみると、
当時の実績1115万台から36.2%減。世界市場と同様に3分の2の規模にまで減少したことが分かる。

特に落ち込みが大きいのが、デスクトップPCで前年比32.1%減。2012年度から比較すると42.1%減となっている。
一方でノートPCは前年比18.9%減にとどまっているが、2012年度と比較すると34.1%減と、やはり3分の2の規模にまで縮小している。
今年に入ってから、業界内では世界、日本ともに共通して「6掛け」という言葉が使われている。


続きを読む
VR関連商品

お問い合わせ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 【IT】NVIDIAがAIで仮想世界のすべてを自動生成する技術を公開
  • 【IT】NVIDIAがAIで仮想世界のすべてを自動生成する技術を公開
  • PSVRで発売されたゲームソフトのおすすめ一覧が参考になると話題に
  • 【PCVR】匂いがでるVR、VAQSOがデバイス発売
  • 【スカイリムVRにおすすめ】VR業界に革命、シンプルな歩行デバイス「Cybershoes」がKickstarter成功
  • 【スカイリムVRにおすすめ】VR業界に革命、シンプルな歩行デバイス「Cybershoes」がKickstarter成功
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ