真っ黒VR

日々の出来事やVRの話題がメインの2ch・twitterまとめブログです。

PC

Steam、神同士で殴り合う格ゲーを出す

1: (´‐`) 2017/09/05(火) 13:50:13.52 ID:UxGp0uWBd
なんやこれ…
no title

no title

no title


続きを読む

【先着5万人】『PUBG』が実質無料で販売開始 35%オフの1950円&1950ポイント還元

1: (´‐`) 2017/09/01(金) 13:51:42.52 ID:OJEyvd4D0 BE:878898748-PLT(15000)
人気のオンラインゲーム『PUBG(PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS)』の日本における
チャネリングサービス契約を締結し、DMMでもサービスを開始。それにあわせて、9月1日より事前予約が開始されたぞ。
先着5万人に対して通常価格3000円を1950円になり、また1950ポイントが貰える。つまり100%還元されることになる。

■DMM限定スキンも
更にDMM.com PCソフトのサイト内よりサービス開始までに『PUBG』のパッケージ版をご購入した方全員に、
BlueholeがDMMからPUBGを購入されたユーザーのためだけにデザインしたDMM限定ゲーム内スキンをプレゼント!
このスキンはDMMでしか入手出来ないため世界中のプレイヤーからうらやましがられるだろう。

また既にSteamで遊んでいる方とも同時に遊ぶことが可能。今回のチャネリングサービスはBluehole INC.が
管理する共通サーバーにチャネリングする形となっており、全世界のプレイヤーと一緒にプレイできるぞ。

サービス開始時期は9月中旬頃を予定している。下記ページより予約が可能だぞ。

実施期間:2017年9月1日(金)12:00 ~ 2017年9月7日(木)11:59
対象人数:先着5万人
販売価格: 3000円(税込)の30%OFF→1,950円(税込)
ポイントバック額: 1950ポイント

先着5万人
http://gogotsu.com/archives/32749
no title


続きを読む

【HDDなんていらんのや】SanDiskが世界初400GBの大容量microSDXCカードを発表キタ━━(゚∀゚)━━!!

1: (´‐`) 2017/09/01(金) 12:47:11.48 ID:hylZMDrM0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
Western Digitalは8月31日(現地時間)にドイツのIFAの会場において、SanDiskブランドから、microSDXCカードとしては最大容量となる「400GB SanDisk Ultra microSDXC UHS-I card」を発表した。
これまでのmicroSDXCカードの最大容量は256GBだったので、一気に約1.56倍も増量されたことになる。

 Western Digitalによれば、米国のSanDisk.comやそのほかの販売チャネルにおいて提供開始予定で、価格は249.99ドル(1ドル=110円換算で約27,499円)だ。

2015年3月に200GBに到達、それから2年半で倍の400GBに到達したmicroSDXCカード
 SanDiskは2015年3月にMWC 2015で200GBのmicroSDカードを発表しており(SanDisk、世界初の200GB microSDカードを発表参照)、そのときから倍の容量を実現したことになる。

詳細は非公表だが、Western Digitalによれば、ダイあたりの密度を高めた最新の独自メモリデザインと製造プロセスにより、microSDカードのなかに400GBという大容量を実現しているとのこと。

 製品としての400GB SanDisk Ultra microSDXC UHS-I cardは、Class1ないしはUHS-Iの規格に対応したSDカードで、スペック上では最大100MB/sでのリード速度を実現している。

SanDiskが世界初400GBの大容量microSDXCカードを発表
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/1078588.html
no title


続きを読む

【PC】Win/Androidゲーム機「PGS」開発いざこざ 日本では契約できず、台湾では複雑すぎると断られ、中国では完成品をコピーすると言われる

1: (´‐`) 2017/08/30(水) 22:49:12.69 ID:CAP_USER
【やじうまPC Watch】Windows/Android両搭載ポータブルゲーム機「PGS」の開発のいざこざ - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1078158.html
劉 尭2017年8月30日 15:23

no title

 Windows 10とAndroidをデュアルブートとし、両方のプラットフォームに対応したゲームをポータブルでプレイ可能にするゲーム機「PGS」。2016年7月にKickstarterで発足したプロジェクトで、目標の10万ドルに対して30万ドル以上の出資が募ったが、2017年6月でいったんキャンセルとなった。

 PGSはいわゆる“スライダー”式のデバイスだが、下部はキーボードの代わりにサブ液晶とゲームをプレイするためのゲームパッドを搭載する点が特徴。x86プロセッサとARMプロセッサの両方を搭載するとともに、WindowsとAndroidの両方を切り替えて使え、Windowsに対応したゲームも、Androidに対応したゲームもプレイできることを特徴とする。

 似たコンセプトの製品として、深センのGPD Technologyが製造/販売している「GPD WIN」があるが、GPD WINはクラムシェルであり、Windowsしか動作せず、ハードウェアキーボードを備える点などが大きく異る。PGSはよりゲームに特化したハードウェアであると言えるだろう。

 さてそんなPGSだが、同社のホームページで、Kickstarterのプロジェクトキャンセルに至るまでの“いざこざ”が書かれている。

 これによると、PGSは当初「XpPhone」と呼ばれるWindows搭載小型デバイスを手がける企業に開発を依頼していたが、XpPhoneは数カ月にわたって虚偽の報告をし、PGS開発に取り組んでいるようにみせかけ、自分たちの製品開発に資金を使っていたという。PGSはXpPhoneを今後訴えるつもりでいるという。

 その事実に気付いたPGSは次なる開発パートナーを探したが、日本ではIntelプロセッサの開発経験のある技術者と契約できず、台湾でも「我々には複雑すぎる」と断られ、中国・深センでは「完成したデバイスを持ってきてくれれば、それをコピーする」と言われたそうだ。しかし苦労した甲斐があって、6月にようやく中国の大手メーカーおよびHengxiang Century Technologyと開発契約を結べたという。

 6月以降の進捗については事細かに報告されているが、筐体の改善や部品の選定、初期設計の図版、Intelのロシアオフィスとの共同作業による問題解決、およびMediaTek製CPUの採用および開発にまつわる問題の解決などが記述されている。

 新たに開発されるPGSは、2017年末にメディア用サンプルが完成し、2018年第1四半期の完成を目指しているという。


続きを読む

【PC】HP、背負えるウェアラブルPC(36万円)を開発 ケーブルにとらわれない自由なVRを体験可能

1: (´‐`) 2017/08/03(木) 09:34:56.48 ID:CAP_USER9
 ヒューレット・パッカードが、背負って使うVR用PC「HP Z VR Backpack PC」を発表しました。HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を接続すれば、ケーブルに動きを阻害されることなく、VRを体験できます。
no title

no title

工場や医療現場などの教育用VRシステムとして開発された、約4.6キロ(バッテリー等込み)のウェアラブルPC。付属のハーネスに装着することで、リュックのように背負って使えます。バッテリーはホットスワップ対応で、作業中に随時交換可能。


 CPUは第7世代のCore i7 vPro、メインメモリは32GB、GPUはNVIDIAのQuadro P5200(VRAM 16GB)とスペックもプロ仕様。本体を付属のドックに接続してデスクトップPC化し、VR体験で得たデータをそのまま卓上で編集するといった運用もできます。

 発表ページによると発売は9月中で、価格は3299ドル(約36万円)から。同社は危険な環境や医療のトレーニング、バーチャルなショールーム、エンターテインメント施設など、さまざまな利用シーンを想定しています。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1708/03/news030.html


続きを読む

【PC】VAIO 撤退の中国市場に再参入へ VR分野に参入も

1: (´‐`) 2017/08/02(水) 07:09:47.09 ID:CAP_USER9
K10011083111_1708011310_1708011313_01_02

業績不振が続き、ソニーから独立したパソコンメーカーの「VAIO」は、海外事業の拡大に向けて、中国最大手のインターネット通販会社と提携し、3年前に撤退した中国市場に改めて参入することになりました。
パソコンメーカーのVAIOはソニーが売却したパソコン事業が母体で、生産コストの見直しを進める一方、法人向けの製品を強化するなどして、発足から2年目の去年6月期の決算で営業利益が黒字に転換し、事業の拡大を目指しています。

VAIOは赤字が続いていた中国市場から撤退していましたが、インターネット通販の売り上げで中国最大手の「JD.COM」と提携して、3年ぶりに中国市場に参入することになりました。

中国のパソコン市場は、今後も企業向けを中心に一定の需要が見込めると見られていて、VAIOは「JD.COM」のサイトを安定した販路とすることで、利益を確保する狙いがあるものと見られます。

さらに、VAIOは新規事業として仮想の世界を現実のように体験できる技術のVR=バーチャルリアリティーの分野に参入する方針を固めました。
VRは医療や産業、ゲームなど幅広い分野で利用が広がっていて、VAIOはベンチャー企業と提携して、システムの開発やメンテナンスを新たな収益源にしたい考えです。

配信 8月1日 13時00分
NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170801/k10011083111000.html


続きを読む

【PC】デルの8K液晶がついに発売 税別価格は498,800円

1: (´‐`) 2017/07/29(土) 04:17:25.91 ID:CAP_USER
デルの8K液晶がついに本日発売 - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1073066.html
若杉 紀彦2017年7月28日 15:49
no title

no title

no title


 デル株式会社は、31.5型8K解像度の液晶ディスプレイ「デジタルハイエンドシリーズ UP3218K 31.5インチ 8Kモニタ」を発売した。税別価格は498,800円。米国では3月に4,999.99ドルで発売され、日本でも今夏投入が予定されていた。

 主な仕様は、解像度が7,680×4,320ドット(8K)、表示色数が10億7千万色、輝度が400cd/平方m、中間色応答速度が6ms(中間色)、コントラスト比が1,300:1、視野角は上下/左右とも178度。駆動方式はIPS、色域カバー率はAdobe RGB 100%、sRGB 100%、Rec709 100%、DCI-P3 98%。また、X-Rite測色計によるキャリブレーションに対応する。

 インターフェイスは、DisplayPort 1.4×2で、8K60pの表示にはビデオカードからDisplayPort 1.4×2に同時に接続する必要がある。このほか、USB 3.0×4のHubも搭載する。

 本体サイズは720.5×222×498.4~618mm(幅×奥行き×高さ)、重量は6.52kg。

 PC Watchでは6月にレビュー(第12話。8K修行僧見参!)を掲載しているので、そちらも参照されたい。


続きを読む

【PC】ポケットサイズの超小型ノートPC「GPD Pocket」が店頭入荷、重さはわずか480g

1: (´‐`) 2017/07/29(土) 10:38:23.34 ID:CAP_USER
no title

中国lekaicnの超小型7インチノートPC「GPD Pocket」が店頭に登場、イオシス アキバ中央通店にWindows搭載モデル(Windows 10 Home 64bit)の中古品が入荷した。ただし、27日(木)時点ですでに売り切れ。店頭価格は税込69,800円。

「ポケットに入るノートPC」を目標にデザイン、重量は480g
 GPD Pocketは、本体のサイズが幅180×奥行き106×高さ18.5mm、重量が480gのノートPC。「ポケットに入るノートPC」を目標にデザインしたという製品で、その高い携帯性が特徴だ。

 なお、クラウドファンディングの「Indiegogo」で4月から資金を募集し、最終的に目標金額の1,516%となる約350万ドルを集めたという。Indiegogoでの価格は399ドル、一般販売価格は599ドル。

 ディスプレイサイズは7インチで、解像度は1,920×1,200ドット。キーボードは英語配列。トラックポイントも装備する。電源はリチウムポリマーバッテリー(7,000mAh)で、動作時間は最長12時間。USB Power Delivery 2.0に対応し、1.5時間でフル充電できるという。

 主なスペック・搭載機能は、Atom x7-Z8750、メモリ8GB(LPDDR3)、ストレージ128GB(eMMC 5.1)、Micro HDMI、無線LAN(IEEE 802.11a/ac/b/g/n)、Bluetooth 4.1、USB 3.0(Type-A/C各1基)。
no title

no title

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1072921.html


続きを読む
VR関連商品

お問い合わせ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 【IT】NVIDIAがAIで仮想世界のすべてを自動生成する技術を公開
  • 【IT】NVIDIAがAIで仮想世界のすべてを自動生成する技術を公開
  • PSVRで発売されたゲームソフトのおすすめ一覧が参考になると話題に
  • 【PCVR】匂いがでるVR、VAQSOがデバイス発売
  • 【スカイリムVRにおすすめ】VR業界に革命、シンプルな歩行デバイス「Cybershoes」がKickstarter成功
  • 【スカイリムVRにおすすめ】VR業界に革命、シンプルな歩行デバイス「Cybershoes」がKickstarter成功
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ