1: (´‐`) 2017/08/02(水) 07:09:47.09 ID:CAP_USER9
K10011083111_1708011310_1708011313_01_02

業績不振が続き、ソニーから独立したパソコンメーカーの「VAIO」は、海外事業の拡大に向けて、中国最大手のインターネット通販会社と提携し、3年前に撤退した中国市場に改めて参入することになりました。
パソコンメーカーのVAIOはソニーが売却したパソコン事業が母体で、生産コストの見直しを進める一方、法人向けの製品を強化するなどして、発足から2年目の去年6月期の決算で営業利益が黒字に転換し、事業の拡大を目指しています。

VAIOは赤字が続いていた中国市場から撤退していましたが、インターネット通販の売り上げで中国最大手の「JD.COM」と提携して、3年ぶりに中国市場に参入することになりました。

中国のパソコン市場は、今後も企業向けを中心に一定の需要が見込めると見られていて、VAIOは「JD.COM」のサイトを安定した販路とすることで、利益を確保する狙いがあるものと見られます。

さらに、VAIOは新規事業として仮想の世界を現実のように体験できる技術のVR=バーチャルリアリティーの分野に参入する方針を固めました。
VRは医療や産業、ゲームなど幅広い分野で利用が広がっていて、VAIOはベンチャー企業と提携して、システムの開発やメンテナンスを新たな収益源にしたい考えです。

配信 8月1日 13時00分
NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170801/k10011083111000.html


続きを読む